種まきに使う土地

recent entry

  • 芝生を上手に扱う方法

    具体的なテクニック きれいな庭を作るために芝生をはりたいと言う…

    » 続きはコチラ

  • 種まきに使う土地

    芝生の種選びと土壌改良 芝生の種は「寒地型」と「暖地型」に大別…

    » 続きはコチラ

  • 知っておきたい豆知識

    注意しておくべきまき方のポイント 芝生が元気よく育つためには最…

    » 続きはコチラ

芝生の種選びと土壌改良

芝生の種は「寒地型」と「暖地型」に大別されます。寒地型は文字通り寒い地域向きで、冬芝とも呼ばれ、比較的低気温でも育ちやすい性質があり、暖地型は高温地でよく生長し、夏芝と呼ばれます。芝草は気温により生育の良し悪しがかなり左右されますので、土地の気候に合わせた芝生の種を選ぶ事がとても大切です。寒地型の代表的な草種にはケンタッキーブルーグラスやフェスク類、ベントグラス類など、暖地型はコウライシバやバミューダグラス、ノシバ等があります。
芝生の種を撒く土壌は、砂が多い方が理想的です。芝生の種を撒きたい土地が、粘土質や硬い土だった場合は、種をまく前に深さ30cmほど土を掘り返し、ホームセンターや造園業者から入手した庭用の砂や元肥(肥料)をその上から振り撒いて、よく混ぜ返し、その後なるべく平らにならして土壌を改良しましょう。発芽率が高い芝生の種は、適期に巻けばどんな土でも生えてきますが、その後の生育やメンテナンスを考えると、種まき前にきちんと土壌を整えておくことがとても重要です。手間はかかりますが、美しい芝を目指すならこれらは必須の作業です。砂地の土壌は、芝育成初期の段階では、あまり良さがわかりませんが、数年後の芝の出来上がりや根の張りが格別に良くなりますよ。

整地は丁寧に行う

芝生の種まきに適した季節は春と秋です。美しい庭にする為には日当たり、水はけがいい場所に芝生の種をまくのがポイントで、どの範囲を芝生にするかレイアウトを考えた上で種をまくことが重要です。
そして芝生の種をまく前には必ず整地を行って下さい。整地とは芝生の芽が出やすい様にする為に耕すことで、凸凹が残っていると低い場所に水が溜まってしまうのでその部分が駄目になってしまいます。だから芝生の種をまく前に表面を平らにして固める整地は欠かすことが出来ない作業です。面倒だと思わずに整地は丁寧に行うことがポイントです。
芝生の種まきの手順としては地面を熊手で表面部分に深さ5㎜から10mm程の溝を1cm間隔で入れていきます。そして種をまく時に同時に元肥を適量、均等にまいて下さい。そして再度熊手で溝を直角に引っかくことにより種に土に被さります。ちなみに表面に被せる土は2㎜から5mm程が目安でふるいを使うと均一にまくことが出来ます。あとは板を使用して表面を踏み固めて下さい。
種まき後はたっぷりと水をあげるのがポイントです。種をまいてから1週間くらいの間は地面が乾かないに毎日水やりをして、発芽後芝生が2㎝から3cm程に育つまではその場所は立入禁止にして下さい。

Copyright(C)2017 芝生の種を使った楽しいガーデニングガイド All Rights Reserved.