マンションの管理会社の役割をチェック

どのような役回りをするのかを確認

ある程度規模の大きいマンションでは、運営において組合が発足されますが、理事を含めて組合員は本業を別に持っています。年がら年中、不動産について考えているワケにはいきません。ですから、日常的に設備の保守・点検などを行うこともままならず、ましてや運営上の会計処理は会計士任せにしたい声も聞かれています。セキュリティー問題もありますし、戸建て住宅と異なり、共用部分までも抜かりなくチェックが必要です。さらに、戸建て同様に、リフォームやリノベーションなどの意味合いのある修繕を考える必要もあるでしょう。その役割を担ってくれるのが代行・委託会社になります。これによって、資産価値の維持に繋がると言われています。マンション管理は気楽なものだとイメージする方もいますが、組合や組員でこなせる仕事ではなく、気苦労も絶えませんから、委託料は必要になりますが、対価に応える能力があるため、比較・検討する組合も増えています。

トラブルを未然に防ぐために動いてくれる

不動産の委託会社の役割には、組合と区分所有者との紛争を抑制することもあげられます。典型的な例は、区分所有者が修繕積立金を支払わないというケースですが、規約違反となるペット飼育、住居改造なども含まれます。また、区分所有者相互間の紛争の抑制も役割として担います。例えば、上層階の騒音問題が典型的ですが、先にあげたようにペット飼育が禁止されていない場合でも、ムダ吠えをする、ニオイがするなどのいちゃもんがつくことも無きにしもあらずです。組合としても対応に苦慮する紛争は増加している話しです。こうした問題も、これまでに培ったノウハウによって交渉や解決策を提案したり、自ら動いてくれる話しです。

何かと法律問題が絡む可能性もある

不動産におけるトラブルの予防と解決のために、どのようなサポートが有効なのでしょうか。先にあげたように、委託するのが一法です。しかし、委託会社の管理体制や委託契約の内容を第三者的にチェックしてもらう必要もあります。信頼できるのは、第三者の建築士であったり、マンション管理士で、こうしたプロフェッショナルな方々のサポートも必要なのです。騒音問題、滞納問題など、こうした問題に限らず、マンションをめぐっては、管理費の滞納問題をはじめ、多くの法律問題が生じるため、詳しい顧問弁護士契約を締結しておきましょう。その方が、区分所有者同士も守られていると認識し、落ち着きを取り戻すはずです。

記事を共有する