種の基礎知識

recent entry

  • 種まきに使う土地

    芝生の種選びと土壌改良 芝生の種は「寒地型」と「暖地型」に大別…

    » 続きはコチラ

  • 蒔き方と維持管理

    芝生の種はどうやって蒔けば良い? 苗からだとお金もかかるので芝…

    » 続きはコチラ

  • 知っておきたい豆知識

    注意しておくべきまき方のポイント 芝生が元気よく育つためには最…

    » 続きはコチラ

芝生の種の種類

家の庭は家に遊びに来た人やお客さんなどに見られるので、きれいに手入れしときたいですよね。さらに庭をおしゃれに見せようと思ったら芝生があった方がよいと思います。芝生があると子どもが遊ぶときも安心できますし、周りからもおしゃれだと思われます。そんな芝生も育てるとなったら種が要ります。さらにその芝生の種には様々な種類があります。
まず紹介するのが日本芝です。この芝の種を育てるためには暖かい環境が要ります。北海道などの寒い地方では育ちにくいです。この芝は日本の気候に合っており、冬になると枯れ茶色くなり、春になるとまた緑になります。日本の四季に対応するので、日本らしい芝生だと思います。
次に紹介するのが西洋芝です。これは先ほどの日本芝とは違い寒さに耐えれますが、暑さには耐えれないので日本で芝生の種を育てるには環境がそれなりに必要です。この芝生は冬の寒い時期になっても枯れずに緑を保ったままなのできれいです。ですが西洋芝は刈り込み作業が日本芝と比較して多いので、手入れをこまかにしないといけません。
大まかな芝生の種の種類について話してきましたが、日本で育てるなら基本は日本芝がいいです。しかし西洋芝にも暖かいところでも育つものがあるのでそちらもぜひ調べてみてください。

芝生の種の選び方

芝生を家庭の庭などで育てる人も増えてきました。芝生は欧米などをイメージさせるので、芝生があることでアメリカンな家を作ることができます。ですがこの芝生を育てるための種選びを失敗してしまうと大きな後悔をしてしまいます。なのでここでは芝生の種の選び方を話していこうと思います。
まずその芝生の種がきちんと育つかどうかを調べておかないといけません。芝生といっても種類は様々あり、その種類ごとに育つ環境が違います。例えば日本芝なら暖かい日本の環境に適していますが、西洋芝などの寒いところで育つものは日本では上手く育ちません。このように芝の種類によって育つ育たないがあるので、芝生の種について購入前に調べておくことが芝生の種選びで最も重要です。
他には手軽に育てられるかどうかも選ぶポイントだと思います。芝生は基本一定の時期が来たら芝を刈ってあげないといけません。ですが芝生の種類によってはこの芝を刈る周期が短いものがあります。つまりメンテナンスをこまめにしないといけないのです。この種類の芝を選んでしまうと芝の手入れに時間をさかないといけなくなるので、人によっては育てるのを諦めてしまいます。メンテナンスが楽かどうかも調べておく必要があります。
芝生の種選びは拘りながら選ぶと失敗がなくなるので、ぜひしてみてください。

タキイネット通販に登録していただくと「花と野菜ガイド」をプレゼント! 1日2回、最新の商品人気ランキングを発表。お買い物の参考にお役立てください。 花のタネ1袋から取り扱いをしています。10ML単位取扱いをしています。 創業180年の歴史と5000点以上の業界最大級の品ぞろえ。 5,000円以上お買い上げ、あるいはクレジットカード決済のご利用で送料が無料になります。 芝生になる種の詳細

Copyright(C)2017 芝生の種を使った楽しいガーデニングガイド All Rights Reserved.